介護職の夜勤明けの過ごし方 心と体をリフレッシュしよう

2019年11月22日

夜勤のお仕事が終わってからどのように過ごしていますか?介護士の方にとって夜勤明けの過ごし方っていろいろあると思います。他の介護士さんはどのような過ごし方をしているのかも気になりますよね。

今回は「介護職の方 おすすめの夜勤明けの過ごし方」を紹介していきます。どのような過ごし方があるのかを見ていきましょう。

介護職 夜勤明け 過ごし方

介護職の方へ おすすめの夜勤明けの過ごし方

普段できないことをできるのが夜勤明けの良いところ

介護職で夜勤明けはどのように過ごしていますか?お買い物にでかけたり、遊びに行ったり、帰宅していっぱい睡眠を取ったりと、人によってさまざまです。

多くの介護職の方のお話を聞いていたら気づいたことがありました。

「普段できないことをやってみたい!」と考えている方が多いんです。(特に女性の方で)

確かに、平日の朝やお昼にしかできないことって沢山ありますよね。祝日や休日の時に人が多くて行けなかったところにも行けますし、平日ならではの割引サービスを受けられるところもあります。

その日の体調や疲れにもよりますが、夜勤明けにしかできないことを楽しんでみるというのもおすすめです。夜勤明け当日はお休み、翌日はお休みであれば、余裕をもってアクティブに夜勤明けの日を過ごせますよね。

もちろん、夜勤で心も体も疲労している場合は帰宅して仮眠をとるのが良いです。夜勤中に仮眠を取れた場合、体調が良い場合は、夜勤明けの時間を有効に使ってみるのも楽しいと思います。

 

温泉やスパに行く

夜勤明け 温泉

夜勤で疲れた体を癒すのに良いのが「温泉」です。日帰り温泉やスパなど、土日祝日にはかなり混んでいる場所も平日の朝やお昼だと空いているので、思いっきり堪能できます。ゆっくりと温泉につかって、マッサージをうけて、おいしいごはんを食べに行く、そんな夜勤明けって最高ですよね。ただし、疲れている時や寝不足の時の長湯は、疲労を体にためてしまうこともあるので、あまり長湯はしないようにしましょう。サウナ好きな方も、水分補給をしっかり行い、短い時間で楽しみましょう。

 

モーニングを食べる

夜勤明け 朝食

平日の朝におすすめなのが「モーニング(朝食)」です。首都圏の高級ホテルなどで行っているモーニングビュッフェは、価格もリーズナブル、料理の種類もとても豊富です。普段食べられないようなものを朝から食べることができる優越感、おいしいものを食べられる幸福感を味わえます。

土日祝日はかなり混雑していて、食べたい料理も取り合い(すぐになくなってしまう)なので、平日朝はとてもおすすめです。

 

スポーツジムに行く

夜勤明け スポーツジム

夜勤明けで疲れた心と体を癒しに、スポーツジムに行くのもおすすめです。少し体を動かすことで、気持ちもリフレッシュ。体を動かすことで疲労も軽減できます。長時間の有酸素運動や強度の高い筋トレではなく、軽く体を動かす程度がおすすめです。もちろん寝不足の時にはスポーツジムはあまりおすすめできません、しっかり睡眠を取ってから行きましょう。

 

気になっていたお店に行く

夜勤明け 気になったお店

夜勤の出勤途中にある前から気になっていたお店、メディアやSNSで話題のお店に行ってみるのもおすすめ。平日の午前中はとても空いていて、ゆっくり見ること(食べること)ができると思います。自分が好きなもの、興味があるものを夜勤明けに行うことは、ストレス発散にとても効果的。そのお店で出会えるものにドキドキできるって良いですよね。

 

ディズニーランド・ディズニーシーに行く

夜勤明け ディズニー

首都圏の方なら、夜勤明け平日の「ディズニーランド」「ディズニーシー」はとてもおすすめです。

あわせて読みたい

介護の夜勤で疲れた心と体を癒しにディズニーの非日常的空間へ、とても有意義な時間を過ごすことができます。土日祝日は待ち時間で大変なディズニーですが、平日のこの季節はそれほど混んでいません。ディズニーの世界を楽しみましょう。

体調管理に気をつけよう 睡眠を取ることも大事です

夜勤明けの時間がもったいない!からその時間を有効に使うのも良いですが、疲労がある時は無理せずに帰宅してから睡眠をしっかりとりましょう。勤務時間中に仮眠を取れたのであれば、帰宅してからも仮眠をとることをおすすめします。

全く寝ていない状態が続いてしまうと、体の疲労も増えて免疫力が弱まって、風邪や発熱で体調を崩すことになる恐れもあります。体調を崩してしまってお仕事を休んでしまわないように、自分の体調を普段から見極めるようにしておくのが良いです。