夜勤で働く方が増税後に買ったほうが良いもの(買っても良いもの)は何でしょうか?

10月1日から消費税が8%から10%に引き上げられます。夜勤をやっていると、あまりテレビを見る時間もなくニュースに疎くなってしまうのですが、増税は夜勤で働く方の多くもご存知であろうかと思います。

「増税前の駆け込み購入!!」ということが多くのメディアで取り上げられていますが、この土日も仕事でゆっくり買い物にいくことができなかったいう方も多いのではないでしょうか。

9月30日時点で多くの方が気になっているのは「増税前に買ったほうが良いものは何か?」というところでしょうが、当ブログでは「増税後に買ったほうが良いもの」を解説していきます。

というのも、消費税が10%になってからでも遅くはない、消費税は8%のままの商品というものがあるからです。増税前日に無理してあわてて購入する必要はありません。夜勤者にとって増税後に購入しても、値段が変わらないもの(夜勤者にとっての必需品)を紹介していきます。

夜勤 増税後に買ってよいもの

夜勤者 増税後に買ったほうが良いもの

軽減税率とは

消費税10%が2019年10月1日からスタートしますが、同時に始まる制度が「軽減税率」というものがあります。テレビやネットニュースなどでも話題のこの制度、そもそも軽減税率って何でしょうか。軽減税率とは2019年10月1日から消費税が10%に増税されることに合わせて導入される制度です。飲食料品や定期購読している新聞の税率は、増税後も8%のまま据え置くという制度になります。

では8%のまま据え置かれる「食料品」ってなに?ということですが、主に野菜やお肉、魚、米、弁当、ミネラルウォーター、テイクアウト商品などが対象となります。

増税後に買ったほうが良いもの

夜勤で働く方が増税前に無理して購入する必要のないもの、つまり「増税後に買ったほうが良いもの(増税後に買っても良いもの)」を5つ紹介していきます。

ミネラルウォーター

飲料用のミネラルウォーター、夜勤の休憩中や仕事の合間でミネラルウォーターを飲む方は多いですよね。まとめ買いして自宅にストックしておき、職場に持ってくる人も多く見かけます。ミネラルウォーターは10月1日以降も税率は8%のままなので、増税後に購入してもOKです。

医薬部外品の栄養ドリンクやエナジードリンク

医薬品に該当しない栄養ドリンクやエナジードリンクも8%のままです。オロナミンCやレッドブル、モンスター、メガシャキなどです。ただし、ユンケルやリポビタンDやチオビタなどは医薬品等に該当(第2類や第3類、医薬部外品)してしまうために10%となります。

のど飴

夜勤で働いていると、どうしても仕事中に食べてしまう「のど飴」。食料品ののど飴は軽減税率の対象となります。

菓子パンやお菓子類

夜勤の休憩中に食べたくなる菓子パンやお菓子類も10月1日以降も8%の税率のままとなります。

ブレスケア

夜勤の看護師さんや介護士さんの多くが使っている「ブレスケア」。夜勤中も口臭って気になってしまいますよね。こちらも消費税8%のままです。

無理して買いだめする必要なし

消費増税でも税率が据え置かれる食料品や清涼飲料水など、夜勤で働く人にとってはとても重要なものばかりですよね。基本的に食料品や飲み物は買いだめする必要はありません。

夜勤の休憩中に食べるものや飲み物等のほとんどは軽減税率の対象なので、それほど影響はないように感じますね。

そして10月1日の増税と同時に、ポイントやキャッシュバックで消費者に還元する施策が始まります。クレジットカードやスマホ決済などのキャッシュレス決済を利用した場合、購入額の5%(2%)がポイントやキャッシュバックで還元されます。今購入しておきたいと思ったものも、無理に購入する必要はないということになります。

夜勤で働いている方の多くは、現金派という方が多いように感じます。10月1日以降はスマホ決済やクレジットカードで支払うという習慣にすることで、増税の影響を少なくできるということです。