工場の夜勤 女性でも働けますか?メリットやデメリット まとめ

最近では工場の夜勤で女性が働いている姿を多く見かけます。夜勤はつらい、夜勤はきついと言われる中で、工場で女性が夜勤で働くことは、現代では一般的なこととなっています。

とは言っても、肉体労働系の工場夜勤でも女性って働けるの?と疑問を持つ方も多いと思います。今回は工場の夜勤(派遣やアルバイト)で働く女性にとっての、メリットを解説していきます。

工場 夜勤 女性

工場夜勤で女性が働くメリットは?

期間工や食品工場などの工場夜勤で働いている女性は少なくありません。というのも工場の作業は軽作業で、学歴も不問、未経験者でも働ける職場だからです。女性が工場夜勤で働くメリットをあげていきます。

夜勤は時給が良い

中でも夜勤のメリットの1つとしては「お金」です。夜勤は深夜手当がつくので、昼間に働くよりも時給はアップします。食品工場の夜勤であれば、首都圏では1300円程度、期間工であれば1500円以上の時給が発生する職場もあります。

夜勤は25%の割増賃金がつくので時給が高めです。割増賃金は22時から5時までの深夜労働につきます。これがつくのは、この時間帯のみですが、この時間帯で働くことこそが最大のメリットとも言えます。

朝と昼間の時間を有効に使える

工場の夜勤で働く女性にとってのメリットはお金以外でもあります。朝や昼の明るい時間を有効に活用できます。主婦の方であれば夜勤終了後に帰宅して、家族に朝ごはんやお弁当を作ったり、お子さんの送迎も行えます。食材等等のお買い物や支払いなどの家庭の雑務を、平日の午前中に行うことができます。

お昼に働いていると土日しか活動することができませんし、家事や育児も思うようにはできないと思います。

肉体労働だが体力の消耗は少なめ

工場の夜勤で働く女性は重たいものを持ち運んだりする業務には回されないことが多いです。重たいものを持ち運んだりする業務は、主に男性の業務となります。期間工のお仕事では顕著かもしれません。

食品工場などの夜勤で働く女性は、期間工で働く女性よりもかなり多いのも特徴です。商品を詰めたり、選別したり、検品したりと軽作業の仕事が多いからです。商品の運搬等は男性が主に行っているところがほとんどです。

重いものを持たないかわりに立ち仕事の疲労感や、アマゾンなどの工場では歩いて商品をピッキングする作業なので、長時間、長距離を歩いた時の疲労感を感じるでしょう。

工場の夜勤で働く女性のデメリットは?

女性が工場で働くメリットばかりを解説しましたが、逆に夜勤ありの工場で働く女性のデメリットって何でしょうか?

体内時計の乱れで肌荒れ

昼夜逆転生活の夜勤のお仕事、体力的には夜中に働いているほうが、かなり疲労がたまりやすく、疲れやすく感じます。充分な睡眠時間をとっても、ホルモンバランスの乱れや食生活の乱れから、ニキビや肌荒れがしやすくなります。睡眠時間はもちろん、食事のバランスを整えたり、ストレス解消を行うことで肌荒れは治っていくのですが、なぜか治りもおそい・・・。夜勤で働くデメリットの1つと言えます。

睡眠時間の乱れ

夜勤から朝の明るい時間に帰宅、少し食事をとってから寝ようと思っても、なかなか寝つけないということがあります。外の明るさや、生活音の騒々しさから、ゆっくり睡眠を取ることが難しいです。寝ついてもすぐに目が覚めてしまったり、熟睡できなかったりすることもあります。

仕事中の怪我

工場系の夜勤をしていると、どうしても避けられないのが業務中に怪我をしてしまうことです。擦り傷程度であればいいのですが、出血をともなう怪我、機械を使った作業による怪我をすることもあるかもしれません。

安全に注意して業務を行っていたとしても、不意に怪我をしてしまう事はないとは限りません。怪我の傷跡が残ってしまったり、大きな事故が起きたりすることさえあるでしょう。仕事上の怪我やそれに伴う障害から、今後のキャリアや人生にも影響がないとも限りません。充分な安全管理を個人で行う必要性があります。

職種によっては女性も働きやすい工場夜勤

工場の夜勤で女性が働くメリットとデメリットを見てきましたが、どの仕事にも言えるのですが、すべてがメリットだらけということはないと思います。いくつかのデメリットがある中で、それを回避しつつメリットを最大限に活用していくと、女性の工場夜勤は良いところがいくつもあるということがわかります。

夜勤は深夜手当がつくので、日勤で働くよりも短時間でお金を稼ぐことができます。最大のメリットは「お金」、短時間で多く稼ぎたい、効率よく稼ぎたいという女性にとっては工場夜勤はとても良い職場であると言えるでしょう。

女性におすすめしたい工場夜勤の中でも「食品工場」は女性の比率がとても高く、重労働ではない軽作業を行う仕事に配置されることが多いので、体力的な消耗も少ない中で働くことができます。女性が多い職場だと「人間関係」が少し難しいところもありますが、働いてみないとわからないということもあります。もし自分に合わない職場であると感じたら次を探せばいいのですか。