夜勤の眠気覚まし!睡魔(眠気)に打ち勝つ食べ物

2019年11月1日

夜勤の眠気覚まし、何か対策していますか?夜勤前に多めの睡眠をとっても、夜勤中にどうしても眠くなる方は多いと思います。何か眠くならない方法、眠気覚ましに効果があるものってありますか?今回は、眠気(睡魔)が覚める食べ物を紹介します。

眠気 睡魔

眠気の原因

眠気の原因は大きく分けて2つあります。

1.疲れているので眠くなる

身体が疲れてくると、無意識に睡眠を促す物質が脳内で溜まって、睡眠中枢に働いて眠くなります。というのも、生体には「恒常性維持機構」というものがあります。体の中と外の環境の変化に対応しながら、内部環境をできるだけ一定に保とうとするメカニズムで、生命現象の基本原理のひとつであると考えられています。

身体が疲れてくると、内部環境を一定に保とうとする機能が働くために眠くなる、考える仕事や勉強等を続けていくと脳が疲れてくるので、休ませる機能が働いて眠くなる、というわけです。

2.夜になると眠くなる

夜になると眠気がくるのは「生体時計機構」というものが、体内で働いているからです。体内時計と言われ方をするのが一般的で、一定の時間になると、身体の疲れ等には関係なく眠くなるという働きです。

日中、太陽の光を浴びるとセロトニンという物質が体内に分泌されます。それが夕方(夜勤を行っている方は朝方)にメラトニンという物質になり、体内に分泌されて夜になると眠くなるということになります。夜勤者にとっては、夜になると眠くなるのではなく、睡眠を行う時間に近づくと眠くなるということになります。

これら2つは生体機能として働いているために、意図的に遮断したり、止めることはできません。何日も眠らないで活動し続けることは人間にとって不可能です。人は誰しも眠気を感じることがあります。目の前にある仕事や、やらなければいけないことがある時に、眠気を感じてしまったらどうすればいいのでしょうか。眠気覚ましに効果がある食べ物を紹介します。

眠気覚ましの食べ物と飲み物

眠気覚ましに効果がある食べ物や飲み物を紹介します。

ミント系のガムやタブレット

眠気を感じるときに効果的なものは「ミント系のガム」です。ミントは口内に刺激をもたらし、口やあごを動かして食べることで脳に刺激が行き渡り、血流が良くなり眠気が軽減されます。
さまざまな味のあるガムですが、甘い系のガムよりもミント系、クール系のガム、カフェインが配合されたガムをおすすめします。

夜勤をしながらガムを食べることは行いづらい方も多いと思うので、休憩中、仕事に入る前にかんでおくのが良いですね。

仕事中でも気にならないのでおすすめなのは「ミントタブレット」。フリスクやミンティアなど刺激系のものは、口内もスッキリして気分転換にもなりますし、眠気もさめます。

チョコレート

チョコレートにはカフェイン同様の覚醒作用があります。テオブロミンという物質がチョコレートにははいっていて、カフェインよりも緩やかな覚醒作用をもたらします。利尿促進剤になり得る物質であるので、大量にチョコレートを食べるのは控えておきましょう。夜勤の休憩時間に一口か二口食べることで、眠気覚ましに効果を発揮することでしょう。

ホットコーヒー

ホットコーヒーは眠気覚ましにおすすめです。コーヒーを飲むことでコーヒー内に含まれているカフェインは即効性があり、すぐに眠気もすっきりさめます。とはいえ、眠気覚ましにコーヒーを飲んでいる人は多く、カフェインを常用していると、効果がなかなかあらわれないこともあります。毎日コーヒーを飲むよりも、2、3日に1度、どうしても眠い時にコーヒーを飲むのがおすすめです。

エナジードリンク

夜勤者にとってエナジードリンクは必需品、愛飲している方も多いと思います。エナジードリンクは即効性があるので、眠気覚ましにはとても良いです。しかし、飲みすぎには注意してください。

水で顔を洗う

食べたり飲んだりがどうしてもできない時、トイレに行ったついでにできるものがこれです。冷たい水で顔を洗うと、眠気解消、気持ちもスッキリします。顔を洗うのはできないという方は、首元に少し濡らしたハンカチやタオルをあてたり、目元を冷やしたりするのが効果的です。体の温度を少し下げてあげることで眠気も解消するでしょう。

ストレッチやジャンプ

仕事中に軽めのストレッチは、眠気覚ましにはとても効果的です。体に刺激を与えることで眠気が覚めてきます。伸脚や腕回し、肩回し、首回し、手をグーパーしたり等、簡単なストレッチでOK。ストレッチ後は軽めにジャンプを何度かするのが良いです。ジャンプすることで足腰を刺激して、眠気を覚まします。

呼吸を変える

意外と効果があるのが、呼吸を変えるという方法。息を限界まで出して息を止める、その後に大きく深呼吸します。これを何度か繰り返していると、なぜか眠気が覚めてきます。眠気が増している時は、呼吸が浅くなりがちです。大きく深呼吸して空気を体内に取り込むことで、呼吸が変わります。この呼吸法、注意点があります。周囲の人から少しだけ白い目で見られます(笑)というよりは、だいぶん白い目で見られます。なので、なるべく人がいないところで何度か行うのが良いでしょう。