夜勤バイトのおすすめ7選!ラクで高時給なものを厳選しました

2019年11月23日

夜勤バイトのおすすめってありますか?夜勤バイトをこれから探そうと思っている方、違う業種で働いてみたいと思う方、高時給を期待している方、様々だと思います。

今回は夜勤バイトの中でも特に人気のある業種を7つピックアップしました。深夜勤務がハードワークというのも、体力的にきついですよね。業務的にもそれほど大変ではないもの、高時給であるものを厳選した7つです。

現在のところ、夜勤バイトはどの業界でも人材不足と言われています。特に物流業界は特に人が集まりません。夜勤バイトでがっつり稼ぎたい、昼間は普通に働いているが、セカンドワークとして夜勤バイトをしたいという会社員の方も必見の内容になっています。

夜勤バイト

夜勤バイトをお探しの方はこちらもどうぞ

 

コールセンター

夜勤バイトの中でも高収入の募集がとても多いコールセンター。日中の勤務もですが、深夜のバイトだとさらに時給が良くなります。夜勤バイトはちょっと・・・という女性の方でも安心して働けるのがこの業種。中でも多言語を話すことができる方にとっては、とても良い職場とも言えます。

中国語や英語を話せる日本人はとても貴重で好待遇も期待できます。顔の見えない電話での会話なので、仕事的には少しきついと思う方もいるかもしれません。コールセンターによってはノルマがあるところもあるので面接時に詳しく業務内容をあらかじめ聞いておきましょう。

警備

夜勤バイトの中でも、精神的にラクと言われているのが「警備」のお仕事。業務内容は会社やビル、商業施設等の警備が主、他にも施設入館者の受付や電話対応、緊急時対応、鍵の開錠や施錠などです。

商業施設での警備はさまざまな事があるので忙しいのですが、施設やオフィスビル等の警備はあまり忙しくはありません。警備の仕事は採用されたら即現場ということはほぼなく、研修を受けることになります。研修内容は法律や救命、護身術などが主です。

勤務時間は約半日(12時間)の勤務がほとんど。PM6:00から翌朝6:00という感じですね。夜勤バイトは仮眠の時間もあるので、実質の労働時間は10時間弱となります。仕事的にはラクなのですが、拘束時間が長時間です。現場によっては24時間勤務もあります。

ネットカフェ

夜勤バイトのラクさではナンバーワンとも言われる「ネットカフェ(ネカフェ)」。夜勤バイトの求人も多数あります。業務内容は受付レジ業務、フード作成、ネカフェ内の清掃、ドリンクバーの補充等が主なものとなります。ピーク時間帯は終電前後。来店客も多く、店舗によってはかなり忙しくなる可能性もあります。

ピーク時間帯を過ぎると来店客は少なくなるので、落ち着いて働くことができます。首都圏の主要ターミナルにあるネットカフェは来店数も多いので忙しいのですが、時給も他府県よりも高く設定されていることがおおいです。

トラックドライバー

とにかく人手不足と言われる業界が物流です。夜勤バイトのトラックドライバーは近年不足しており、時給を以前よりもアップして求人を出している企業が多いです。業務内容は配達配送、荷下ろしが主です。トラックドライバーなので自動車免許が必要となります。荷物によっては荷下ろし時に力が必要となるので、力仕事の一つとも言えるでしょう。

深夜時間に車の運転をするので細心の注意を払う必要があり、配送ルートをあらかじめ頭に入れておく必要があります。とは言え、時給も高めに設定されていて、人と接することもあまりないので、気持ち的にはとても楽です。

駐車場(パーキングスタッフ)

パーキングスタッフの業務内容は、お客さんの車を駐車場に案内する業務が主になります。立体駐車場のスタッフであれば、車両を車庫に誘導し機械操作を行います。駐車場の高さや横幅をしっかりと頭に入れておかないと、お客さんの車を傷つけることになるかもしれません。

駐車場の入口の受付業務では駐車券をお客さんに手渡す業務を行います。立体駐車場から出庫させるために駐車券番号の照合を行います。業務内容はそれほど難しくはないので、業務内容的にはとてもラクといわれている業種です。接客が中心となるので、接客業の経験のある方、お客さんとのコミュニケーションをとることが得意な方にとってはとてもいい仕事だと思います。

ガソリンスタンド

深夜に営業しているガソリンスタンドはほぼ、セルフ方式のガソリンスタンドです。夜勤バイトの中でも、業務内容的にとても楽なのがこれ。深夜は来客も少なく、ほぼ表に出ずにバックヤードでボタンを押す業務となります。

人とほぼ接することがないので、接客が苦手な方にはおすすめです。「危険物取扱者」の資格を取得した人が常駐することが法律で定められているので、有資格者(危険物取扱者乙種4類)の取得者はとても重宝されます。

有資格者がいれば、無資格であってもガソリンスタンドの夜勤バイトは行えます。ただし深夜は来店数も少ない理由から、人件費をおさえるために1人で業務に従事することもあります。このような時は有資格者であれば1人でも勤務できます。

コンビニ

夜勤バイトの王道と言われるコンビニ、深夜勤務はお客さんも少なくてとてもラクと言われています。コンビニバイトの業務内容はレジ、品出しが主業務と言われていますが、覚えることがたくさんあり、業務は多岐にわたります。

深夜帯は来客もエリアによってはあまりないのですが、お客さんの対応等(フードコーナーの椅子でお休みなられている方など)で大変なこともあります。時給が他業種と比較しても少し安めなのがネックですが、気楽に仕事をしたいという方にはおすすめです。