夜勤バイト「駐車場スタッフ(パーキングスタッフ)」のお仕事を詳しく解説 おすすめの理由は?

駐車場スタッフ(パーキングスタッフ)は夜勤バイトの中でも人気の職種です。屋外駐車場や、機械式の立体駐車場で車の誘導、車の出し入れをするマシンを操作します。夜勤バイトの一般的な時給は1250円からというところもあり、稼ぎたい方にとってはいいお仕事です。駐車場スタッフの仕事内容や時給、メリットやデメリット等を解説していきます。

駐車場(パーキング)スタッフ

夜勤バイト 駐車場スタッフ おすすめの理由

駐車場スタッフの仕事内容

駐車場スタッフ(パーキングスタッフ)の主な仕事内容は以下のようなものです。

・車の誘導
駐車場利用のお客さんの車を駐車スペースへ誘導します。立体駐車場は高さ制限や横幅があるので注意して誘導する必要があります。

・お客さんに駐車券を渡す等の受付業務
駐車番号が記載された駐車券を渡します。

・駐車場内の巡回や清掃
駐車場内に不正利用者がいないかを巡回します。駐車場内にはたばこのポイ捨て、お菓子やガムのごみが落ちていることが多いので清掃も大切な業務です。屋外駐車場は外なのでこまめな清掃が必要となります。

・精算機の管理業務
精算機内のつり銭補充、領収書の紙の補充などを行います。

・車庫入れ
通常、お客さんは自分で車を運転して入庫する必要があるのですが、場合によってはスタッフが車を運転して入庫する場合もあります。

駐車場スタッフの時給

駐車場スタッフ(パーキングスタッフ)の時給は一般的に都心部の相場は900円から1000円、地方の相場は800円から900円。夜勤バイトの時給は1250円から1400円が相場です。他の業種と比較すると平均、もしくは少し安めのお仕事かもしれません。交通費の支給は会社によっても異なるので、仕事を応募する前に事前に会社に確認をしておきましょう。

駐車場スタッフのメリット

駐車場スタッフの基本的な仕事がお客さんの車を誘導したり、駐車券を渡したり、料金の精算なので、コンビニのようなさまざまな知識が必要となることはありません。なので、仕事はそれほど大変ではないです。

接客慣れしている方にとっては、パーキングスタッフのお仕事はとても楽です。あまり接客が得意ではない方も、さまざまなお客さんが来る駐車場は接客やビジネスマナーを学ぶにはとてもいい場所でおすすめです。

屋内の駐車場は雨や風にあたることもないので、夏場や冬場の屋外の駐車場スタッフよりも仕事は楽と言えます。さまざまな車が来店するので、自然と車種に詳しくなります。車のお仕事やキャリアチェンジする時にとても有用ですね。

駐車場によっては、一人で勤務することもあるので、気持ち的にリラックスして仕事に臨めます。コールセンターのアウトバウンド業務のような、自分から働きかける仕事、数字を求める仕事ではないので、自分のペースで仕事ができます。

駐車場スタッフのデメリット

屋外駐車場の場合、夏場の暑さや冬場の寒さ、雨風などの天候が悪くても屋外で仕事をしなければなりません。体調管理に十分気を付ける必要があります。屋内駐車場は夏場は空調がとても効きにくく、蒸し暑さや排気ガスで空気もきれいではありません。

土日はもちろん、大型連休は年末年始などの商業施設のパーキングスタッフの仕事はとても忙しいです。駐車場待ちのお客さんの車の列がずっと続き、常に混雑している状態が続きます。
混雑時はお客さんからのさまざまなクレームをうけることもあるでしょう。仕事が楽と言われている駐車場スタッフですが、忙しい職場もあるので働く前に事前にチェックしておくことも大切です。

駐車場スタッフの年齢層は高めで、若いスタッフが少なめのところも多いです。学生等の若い方で、職場の人間関係に重点を置いている方は面接時にスタッフの年齢層も尋ねてみるのも必要かもしれません。

駐車場スタッフ業務 まとめ

駐車場スタッフ(パーキングスタッフ)のお仕事は楽と言われていますが、店舗によってはとても忙しいところもあるので、どのくらいのお客さんが来店するのかを自分の目で働く前に確認しておきましょう。

駐車場スタッフに向いている人は、車が好きな方、接客やビジネスマナーを学びたい方、学生の方、人と接することが好きで、体を動かすのが好きな方向きの仕事と言えます。

夜勤バイトは時給も良く、お客さんも少なめなので、稼ぎたい方にとってはおすすめのお仕事です。さまざまな方と出会えるので、学べることもとても多く、ビジネススキルはもちろん、人としても成長できる仕事と言えるでしょう。