夜勤バイト「コールセンター」のお仕事を詳しく解説

コールセンターの夜勤バイトをこれからはじめようという方、コールセンターのお仕事に興味がある方。ここではコールセンター 夜勤バイトの仕事内容や時給、メリットやデメリット等を解説しています。高時給で人気のある業種です。

コールセンター 夜勤バイト

コールセンター 夜勤バイトの仕事内容

コールセンターのバイトの業務内容は、お客さんからの電話を受けるインバウンドとお客さんに電話をかけるアウトバウンドの2つに大別されます。

インバウンドとは?

コールセンター業務、インバウンドはお客さんからの商品やサービスに関する問い合わせや相談に対応する業務です。テレビでよく見るテレビショッピングなどの商品の電話を受けるのがインバウンドと思ってもらえればわかりやすいと思います。

お客さんとの会話はしっかりとした言葉を話すこと、商品知識が求められます。夜勤バイトでも業務に入る前に研修等を行ったり、マニュアルが用意されていたりと、コールセンターのインバウンド業務がはじめての方でも安心してお仕事をはじめることができます。とはいえ、会話をする相手はお客さんなので、商品内容を間違えてしまったり、受け答えが不十分だとクレームにつながることもあります。

インバウンドのコールセンターは平日はもちろん、土日祝日も電話を受け付けていることがあるので、他の仕事と掛け持ちで働くことも可能です。

アウトバウンドとは?

アウトバウンドとは、テレアポ(テレフォンアポインター)と呼ばれる営業活動や商品の満足度調査や市場調査を行うテレマーケティングが業務内容となります。テレアポに関しては2005年の個人情報保護法の施行により、特定の個人へのテレアポ営業ではなく法人企業向けにアポイントを取る仕事になっています。

アウトバウンドの業務は、企業が用意した電話番号リストがあり、順番に電話をしていく業務を行います。お客さんが電話にでてから、電話を切るまでの一連の流れがマニュアル化されているので、そのマニュアルの事前研修を受けてから業務を行うことになります。

と言っても、相手は人なのでマニュアル通りにいかないことも多々あります。アウトバウンドは話し方やビジネスマナー、咄嗟の機転など、ビジネススキルを伸ばすのにとてもいいお仕事です。

コールセンターの勤務時間

コールセンターは短時間勤務やフルタイム勤務など、生活スタイルに合わせた勤務を選びやすいのが特徴です。フルタイムは9時~17時、午前中の9時~12時、夕方の18時~22時、夜勤の22時~6時など、シフト制のところが一般的です。

インバウンドのコールセンターは土日や祝日、深夜帯も電話を受け付けることが多いので、平日は普通のお仕事、週末だけ夜勤バイト等のダブルワークを行う方もおおくいらっしゃいます。
短時間だけサクッと働けるというのもコールセンターのいいところでもありますね。お仕事に応募する際には勤務体系や勤務時間は必ず確認しておきましょう。

コールセンターの時給

コールセンターの時給は地域によって異なりますが、平均は1200円から1400円が一般的です。夜勤バイトだと1500円以上のところもあります。受信のみのインバウンドよりも電話をかけるアウトバウンド業務の方が時給が高めです。というのも、仕事の実績次第でインセンティブがもらえる場合もあるからです。

インバウンド業務で専門知識を求められるような業務、外国語が必要な業務だとより時給が高くなります。

コールセンターの夜勤バイトのメリット

コールセンターのお仕事のメリットは、電話をうける、電話をうけるためのマニュアルがある企業がほとんどです。マニュアルがあることで、コールセンター業務が初心者の方でも業務にはいりやすいと思います。

マニュアル内容もお客さんとの会話がどのように進み、どのように受け答えれば良いのかがしっかりと書いてあるので、読み込んでおけば心配はほとんどありません。業務に入る前には事前研修を行うところも多いので、安心してお仕事をはじめられます。発信のアウトバウンド業務は時給が高めの傾向なので、稼ぎたい方にとっては大きなメリットとも言えるでしょう。

勤務先の企業にもよりますが、お客さんと実際に会ってのお仕事ではないので、服装や髪形、ネイルもは自由なところが多いです。自分のスタイルで仕事ができます。

コールセンター 夜勤バイトのデメリット

コールセンターのデメリットは、お客さんとの会話がうまくできるかどうかのスキルが問われます。特にアウトバウンドは自分から発信する必要があるので、業務に入る前に研修をしっかりうけて、ロールプレイングを行う必要があります。お客さんとの電話の会話に苦痛を感じてしまう、コミュニケーションを人と取るのがあんまりうまくないという方にとっては、時給の良いコールセンターの夜勤バイトも苦痛に思えるかもしれません。

勤務体系も企業によってさまざまです。インバウンド業務では24時間体制のコールセンターを運営しているところもあります。コールセンターは必要人数が決まっているので、出勤数や勤務時間が最初から決まっているところもあります。シフト制だから自分の都合に合わせた働き方をできると言えばできるのですが、ある程度、相手企業にも合わせる必要があります。

お客さんから電話口で厳しい指摘や意見をもらうこともあります。つたない会話や、知識不足、商品やサービスのクレームを受けることも少なくありません。しっかりとした電話対応、誠実な対応が求められます。

インバウンド、アウトバウンドとも座っての業務なので、長時間同じ姿勢で仕事をすることになります。同じ姿勢が続くと、腰の痛みや肩こりに悩まされる方も多いです。内勤業務を行ったことがない方にとっては、同じ姿勢で業務をすることにつらさを感じる方もいるかもしれません。

おすすめな人は?

コールセンター 夜勤バイト

コールセンターのお仕事におすすめな方は、電話で会話することに苦痛を感じずに話せる方、他人とのコミュニケーションをとることが好きな方にとっては向いている仕事です。アウトバウンド業務は高時給な企業が多く、インセンティブ報酬がもらえるところもあるので、かんばった分だけお給料が高くなります。短時間で高収入を得たい方にとってはとてもいいお仕事です。

インバウンド業務もコミュニケーションを人ととることが好きな方にとって、おすすめです。社内の年齢層も幅広く、さまざまなお仕事を経験した方もいるので、そのような方とも知り合えるかもしれません。ビジネススキルをアップさせたい、今よりもコミュニケーションスキルを上げたい方には、コールセンターはおすすめです。

コールセンター業務 まとめ

コールセンターの夜勤バイト、特に発信業務のアウトバウンドは高時給のところが多いので、収入アップを目指したい方にとっては、とてもいいお仕事です。仕事内容もお客さんとの会話でビジネススキルのアップはもちろん、ビジネスマナーを学べます。長く務めると、コールセンター長に昇格できたりするのでキャリアアップにもつながります。

学生の方であれば、就職する前にコミュニケーション能力を磨くことができます。ビジネスマナーも就職前に学ぶことができるので、同級生よりも一歩先に進めるでしょう。幅広い年齢層の方が働いているので、さまざま人とのつながりもできるはずです。

電話応対の経験を活かすことで、営業職や接客、サービス業などにキャリアチェンジも可能なので仕事の幅がとても広がります。人とコミュニケーションをとることが苦手だったり、ビジネススキルを磨いて自分のキャリアにつなげたいという方はコールセンターはとてもおすすめです。