夜勤バイト「ベビーシッター」のお仕事を解説

2020年3月27日

ベビーシッターのお仕事は依頼主(保護者)の依頼で、子供たちの日常生活のお世話をするお仕事です。訪問する家ごとに違いはありますが、仕事内容は見守りだけではなく、幼稚園や保育園の送迎、食事や入浴、排泄の世話など多岐にわたります。

人を見守る、預かるという仕事なので社会的責任を負った仕事です。ベビーシッターのお仕事のほとんどは日勤ですが、夜勤のお仕事も少なからずあります。

共働き世帯が増えてくる中で、ベビーシッターの社会的ニーズは高まってきている状況です。

今回は「ベビーシッター」の夜勤バイトの仕事内容や、時給、仕事に向いている方などを解説していきます。現在、この仕事を探しているという方、どのような仕事なのかを知りたいという方は参照にしてください。

ベビーシッター 夜勤バイト

 

ベビーシッターの仕事内容

ベビーシッターは依頼主(保護者)に代わって子供の世話をする仕事です。仕事などで家を留守にしなければならない時に、子供を引き受けて生活のお世話をします。

依頼主の保護者がベビーシッターを依頼する主な理由としてあげられるのは、両親の仕事で日中の保育を頼みたい時、急な用事で保育ができない時、入院や病気療養、妊娠などで保育ができないなどのケースが多いです。

仕事内容は、乳幼児であればミルクや食事、おむつの交換やトイレの世話、入浴やお昼寝の寝かしつけ。絵本や学習のサポート、外でのお遊び、園への送り迎え、保育園閉園後の時間のお世話などです。

子供のお世話はもちろん、掃除や買い物、食事、洗濯などの仕事を同時に依頼されることも少なくありません。家事をしつつお子さんの世話をするお仕事なので、保育士との仕事の違いはここにあります。

ベビーシッターは主に派遣会社に登録したり、アルバイトやパートとしての非正規雇用として働く方が多いのが特徴です。

ベビーシッターの夜勤のお仕事は、両親が共働きで帰宅も遅い家庭、出張中、病気療養中など様々理由での依頼でお子さんの世話をする時間がない時に依頼されることが多いです。夜から深夜にかけての見守り、深夜の寝ている時間の見守りが主な仕事内容となります。

 

ベビーシッターになるために必要な資格は?

ベビーシッターのお仕事をするために必要な資格はありません。ただし採用に有利になる資格もあります。幼稚園の教諭や保育士の資格を持っていると、採用にも有利になると言われています。

 

ベビーシッター 夜勤バイトの時給は?

ベビーシッターの夜勤バイトの時給ですが、一般的に1300円から1600円が相場となっているようです。基本的にベビーシッターの夜勤バイトのお仕事は多くありません。しかし仕事の多様化で、そのニーズが高まっているというのも現状あります。

夜勤バイトだと、日中よりも時給も高めで、仕事内容もお子さんと遊んだり、世話をしたりすることもないので、時給が高く仕事内容が少なめな夜勤バイトを探しているシッターさんが多いようです。

 

ベビーシッターの夜勤バイト メリット

自分の都合に合った時間で働けることが大きなメリットと言えるでしょう。日中にベビーシッターで働くよりも時給もかなり高めに設定されています。

ベビーシッターの夜勤バイトは日中よりも仕事の範囲は少し狭めかもしれません。寝かしつけや見守りが主な仕事なので、忙しさはそれほどないと言えるでしょう。

ベビーシッターのお仕事は、人のお子さんを預かるという仕事、重大な責任感が必要な仕事と言えます。人の安全や命に係わる仕事ということを考えて働く必要があります。

 

ベビーシッターの夜勤バイト 向いている人

ベビーシッターのお仕事は人の命を預かる仕事というのを働く前に理解する必要があります。責任感と熱意がある人がこの仕事には向いていると思います。どのような人が向いているのかをまとめました。

 

責任感のある方

ベビーシッターの仕事は命を預かる仕事です。まず考える必要があるのが「お子さんの安全」です。安全に子供を見守ることができるか、怪我をさせないように安心して遊べるかの状況判断を常にする必要があります。

子供を預ける保護者の方は、シッターさんを信用して預けます。怪我無く安全にお子さんをお返しするのが、私たちベビーシッターの仕事でとても重要な事なのです。

もしもの時があった場合も、迅速に子供の安全を第一に考えて行動する必要があります。

夜勤バイトの場合、子供が起きている時間はそれほど多くはないと思います。眠りにつく、眠っている時の状態を見守る必要があります。日中の仕事よりも、より注意して仕事を行う必要があると思います。

 

育児経験のある方

出産後、子育てが一段落した後にベビーシッターのお仕事をする方も多いです。子育て経験は、ベビーシッターにとってメリットの1つと言えます。

育児経験があれば、子供が何を必要としているのか、何が足りないのかもすぐにわかると思います。預ける保護者にとっても安心材料の1つと言えるでしょう。なにより預かったお子さんを大事にする心が育児経験者の方は高いと思います。

 

幼稚園教諭や医療系などの資格取得者

幼稚園や保育園で働いたことがある経験を持った方、且つ、働くための資格を取得している方にとっては、ベビーシッターのお仕事はとても向いています。

また看護師資格や医療系の資格や知識を持った方も向いている職業です。病気をかかえたお子さんや、障害がある子のお世話ができるシッターさんのニーズは年々高まっている傾向にあります。

 

ベビーシッター以外の特技がある

一部ですがベビーシッターはお子さんの世話だけではなく、お客さんのご自宅で家事をすることもあるので、家事が得意な方は向いている仕事と言えるでしょう。

家事だけではなく、お子さんの習い事やスキルアップのお手伝いも依頼されることがあります。子供英会話やお勉強、ピアノ、バイオリンなどの先生を担うこともあります。

それらの知識やスキルをお持ちの方であれば、時給も高めで働くことが可能です。

 

ベビーシッターの夜勤バイト 求人情報を見る

ベビーシッターは特別な資格が必要というわけではありません。しかし誰でもすぐに仕事につけるというわけではありません。バイト登録や派遣会社に登録した場合、育児等の経験やスキルが問われる仕事です。

まずはアルバイト登録会社で登録するところから始めましょう。会社によってはベビーシッターの研修や講習も受けられるところもあります。

ベビーシッターの仕事は子供の安全と命の責任を預かる仕事です。経験やスキルアップをはかることで、より良い仕事を行うために必要だと思います。