夜勤のメリットまとめ|夜勤はメリットしかない?

これから夜勤を始める方、始めようと思っている方におすすめ。夜勤のメリットを紹介します。夜勤は体に悪いよ・・・、と言われがちですが、やはり夜勤にはメリットがたくさんあるのです。

夜勤のメリット

夜勤のデメリットを知りたい方はこちら
夜勤のデメリットまとめ|お金も大事だけどそれよりも大切なことがある

1.夜勤は時給が高い!たくさん稼げる!

夜勤のメリットの1つ目は、やはり「お金」です。夜勤バイトを探してみると、どこも高時給のところが多いことがわかります。というのも、基本時給が1000円の場合、夜間勤務(22
時~5時)までは深夜労働と労働基準法で定められており、深夜労働手当として25パーセントの割り増し時給となります。つまり時給は1250円となるということです。

日中に同じ仕事、同じ時間で働くよりも、夜勤で働いたほうが稼げるということです。仕事のモチベーションを上げるものの1つは、やはりお金ですよね。とにかく稼ぎたい!お金が欲しい!という方にとって夜勤の高時給は最大のメリットの1つと言えるでしょう。

2.日中は自由に過ごせる

朝から昼にかけて仕事が終わる夜勤、その後はいわゆる「明け」という方も多いと思います。

「夜勤明け」に関してはこちらを参考に
夜勤明けとは?夜勤明けの定義を調べてみた

夜勤終了後、その日がオフだと自由に時間を使うことができます。帰宅してから寝るのもOK、ストレス解消で遊びに出かけるのも良いですよね。平日のお昼って周囲の方々はみなさん仕事をしているので、土日休日に混雑するテーマパーク(ディズニーリゾートやUSJなど)は、とても空いていて、待ち時間も少なく丸1日ゆっくり楽しめます。

掃除や洗濯、作り置きなどのお料理も思う存分できます。役所や病院、銀行窓口での手続きなど、平日に利用できます。日中に働いていると、このような手続きものは有給を取る必要があることを考えると、大きなメリットと言えるでしょう。

私がおすすめしたいは「平日ランチ」です。平日のランチって土日に比べると、とても安く、平日限定しかないものもたくさんあります。お客さんもそれほど多くなく、食事を楽しむことができます。

健康のことを考えると、少し睡眠(仮眠)をとるのがおすすめですが、日中の時間を有効的に使いたい方は夜勤はとてもおすすめだと思います。

3.電車が空いている・道路が空いている

夜勤で電車通勤の方は夕方から夜に出勤しますが、朝の通勤ラッシュよりも人がとても少ないことに気づくはずです。座っていきたいけど、座れないということはほぼなく、出勤前に疲れることもありません。車やバイクで通勤する方は、道路が空いていることがわかると思います。朝のラッシュ時は渋滞で、時間に余裕をもって仕事に向かう必要があります。夜勤者は夕方から夜に出勤するので、ラッシュに合うこともほぼありません。

業種によって夜勤のメリットはさまざま

夜勤のメリット

夜勤は寿命が縮む、健康に悪いなどデメリットの方が多いといわれていますが、やはり短い時間でお金を稼げるということが最大のメリットと言えるでしょう。どうしてもお金がほしい、稼ぎたいという人にとって夜勤はメリットしかありません。短い時間でサクッと夜勤で稼ぎましょう。

日中の時間を有効に使えるのもとても良いですよね。平日はどこも空いていて気軽にお買い物、遊びに行くこともできます。夜型の生活に慣れるのは最初は大変ですが、続けていくうちに慣れてしまうものです。健康を維持しつつ楽しい夜勤ライフを。