夜勤前にスポーツジムに通う メリットとデメリットを解説

2019年9月1日

健康のために、体型維持や痩せるために運動したいと考える夜勤者の方は多いはず。しかし、日々の夜勤の疲れからか、なかなか行動に起こせない人がほとんどだと思います。病気をしない体づくりは夜勤者にとってマストなことです。生活の不摂生や運動不足は生活習慣病(肥満や高血圧)はもちろん、体力が少ないと風邪などの軽い病気でも長引いてしまい、仕事や収入にも大きく影響を与えかねません。

今回解説するのが「夜勤前のスポーツジムに通う」ことです。ジムなんかに通わなくても、自分の意志で運動しているという方はOK。運動をまったくしていない方、肥満や体型が気になる方、いつも風邪をひいたり、体調を崩しやすい方。運動することで強い体を作ることができます。スポーツジムに入会することで半ば強制的に、運動をする機会を増やすことができます。

夜勤前にスポーツジムに通うことを習慣化することはとても良いです。スポーツジムに入会するメリットとデメリットを解説しています。私自身も以前はスポーツジムに数年間通い、肥満体型から標準、アスリート体型へと変わることができました。入会を迷っている方や運動不足な方は参考にしてください。夜勤前の運動は最高ですよ!

夜勤前 スポーツジム

夜勤前にスポーツジムに通うメリット

夜勤前にスポーツジムに通うメリットは大きく3つあります。はっきり言って夜勤前のジムはメリットしかないと言っても過言ではありません。多くの成功者や高収入の方、仕事と私生活のパランスの取れている方は朝や帰宅後に運動をすることを習慣にしています。

仕事や生活のストレス発散になる

夜勤をやっていると日勤よりもストレスがたまりやすいような気がします。仕事内容や上司、同僚との人間関係、生活等のストレスは睡眠をとってもなかなか解消できないこともあります。

夜勤前にジムに行って、軽く走ったり、筋トレしたりするだけで、気持ちもスッキリして嫌な気分も忘れてしまいます。ストレス解消はもちろん、気持ちも前向きになれるのがジムの良いところ。運動をするだけで気分も体も変えられることが実感できます。

体力が増える、疲れにくくなる

夜勤前にジムが習慣になってくると、体型はもちろん、体力がついたことを実感できるようになります。夜勤は体力勝負、日中に働くよりも体へのダメージも多く、睡眠不足も重なり、日々の疲れが寝てもとれなくなってきます。

夜勤で連勤が続くと、疲労もより増してきくることがわかるはずです。夜勤がお休みの日は1日中寝てしまって、無駄に過ごすこともあるかもしれません。スポーツジムで筋トレをしたり、有酸素運動を行うことで、体力が上がって仕事の疲労感が貯まりにくい体になります。

体力が増えると仕事のパフォーマンスの向上はもちろん、仕事がお休みの日でも睡眠に費やす時間を勉強したり、どこかに出かけたりと、とてもアクティブになれます。

仕事以外の人と接することができる

夜勤をやっていると、職場の同僚どのコミュニケーションだけになってしまい、狭いコミュニティで自分自身が生きていくということになります。スポーツジムに来ている人の多くは向上心が高く、生活にも余裕がある人が多いです。そのような人たちとトレーニング中に挨拶したり、会話を交わしたりすることで、自分自身の知識の幅や人間性の向上にもつながってきます。

夜勤をやっていると、友人や交際相手、配偶者や家族と時間を合わせるのがとても難しいと感じます。そうなると狭いコミュニティだけの生活になりがちです。スポーツジムでさまざまな人とコミュニケーションを取れるメリットは計り知れません。

夜勤前にスポーツジムに通うデメリット

夜勤前にスポーツジムに通うデメリットを考えてみたのですが、ほとんど思いつきません。1つ言えるのは「お金」です。スポーツジムの月謝(月額費用)は決して安いと言える額ではありません。月額で約8千円~1万円が相場です。

夜勤前 スポーツジム

週に3回ほど通ったとして、月に約13回ほどスポーツジムに通った場合にかかる費用は1日あたり700円から800円となります。この額が安いか高いかは人それぞれだと思いますが、さまざまな用事や雑事が重なり、1週間に1回、月に4回ほどしかスポーツジムに通わなくなった場合はどうでしょうか。

1回あたり、2000円ほどの費用が掛かる計算となります。スポーツジムの会員の多くはこのような会員、つまり通わなくなった会員(超ライトユーザー)からの月額費用の利益が多いと言われています。いつかまた通うだろうと考えて会員を継続している人が多く、結局は通わずにただお金だけが発生しているという状況です。

スポーツジムの月会費って決して安い金額ではないと私は思います。お金を無駄にしないためにも、継続して通う努力も必要だと言えるでしょう。

できればプールがあるスポーツジムがおすすめ

夜勤前 スポーツジム

夜勤者で夜勤前にスポーツジムに通おうと考えている方へ、1つアドバイス。できれば「プール」が施設内にあるスポーツジムに通うことをおすすめします。

というのも、ジムで筋トレや有酸素運動をした後にプールで軽く泳ぐことで、疲労感が残りにくいと感じられます。水泳はランニングと違ってほぼ全身運動、運動後にたまった乳酸をクールダウンする効果があるようです。

ジムで運動する時間がなくて水泳だけするのもトレーニングになります。まれにウォーキングプールがあるスポーツジムもあるので、水の中で歩くだけでもトレーニングになります。運動で熱くなった体をプールでクールダウンして夜勤に行くのもアリですね。