夜勤明けに胃が痛い 胃がムカムカ おすすめの胃腸薬

夜勤明け胃が痛い、胃がむかむかする、胃もたれしているなどの症状が出る方、多いと思います。夜勤明けの胃の痛みは主に自律神経が原因かもしれません。

こちらの記事も参考にどうぞ

夜勤明けの胃の痛みから解放されるためには、早めに胃腸薬を服用することがおすすめです。といっても、何を飲めばいいのか迷っている方も多いと思います。

今回は「夜勤明けの胃痛におすすめの胃腸薬」をご紹介します。私も夜勤明けではなく夜勤前、夜勤中に胃痛で悩まされたことがあります。下記で紹介しているお薬はすべて飲んで試したことがあるものです。胃痛で悩んでいる方、早めに胃腸薬を服用しましょう。

夜勤明け 胃の痛み

夜勤明けの胃の痛みや胃のムカムカ

パンシロンAZ

私がいちばんおすすめするのはこれ「パンシロンAZ」です。食前や食間時の空腹時の服用型の胃腸薬となります。胃粘膜を修復、保護してくれて、胃の不快な症状を改善します。夜勤は精神的、肉体的なストレスがたまりやすいことが多いです。ストレスからくる胃の不調を感じた時にこれを飲むと、本当にすっきり。胃の痛みはもちろん、胃のムカムカなどの不快な症状がなくなります。

夜勤中に飲むことができるので、とても便利です。薬局でも取り扱っていないところもあるので、アマゾンでの購入をおすすめします。

パンシロン01+

パンシロン01+(ゼロワンプラス)は飲食後の胃のトラブル解消、夜遅い食事で胃がもたれる場合に服用すると、胃を正常な状態に戻してくれます。夜勤の休憩中に食べ過ぎたり、消化がうまくいってないと感じた時に服用すると、スッキリとした状態で仕事にとりくめます。飲んだ後は胃の爽快感、クールさを感じることができます。微粒タイプなので口の中にだまになって残らないのもいいですよね。

ガスター10

ガスター10は病院でも処方される胃腸薬。第1類医薬品なので薬剤師がいるお店でないと購入できないのが特徴です。紹介している胃腸薬の中でも効き目はかなり強め、胃痛や胃のむかむか、胸やけや胃のもたれに効果があります。効き目は約8時間とかなり長めなのも良いですよね。

胃の不快感がひどい時はガスター10がおすすめ。小粒の錠剤なので持ち歩きにも楽です。

第一三共胃腸薬 細粒

3歳から服用できて、家庭の常備薬としても有名な胃腸薬です。胃の不快感や食欲不振に効果があります。少し胃の調子が悪いなと感じた時に飲むのがおすすめ。

太田胃散 分封

 

お酒の飲みすぎ、胸やけ、胃の不快感がある時に飲むと効果的。食生活が乱れている時、油っぽいものが多かったり、食べる時間が不規則だったリする場合は太田胃散がおすすめ。夜勤明けや休日明け、仕事前に飲んでおくと胃がとても楽です。

ガストール錠

胃酸をおさえて胃を保護、ストレスやお酒の飲みすぎによる胃痛や胸やけ、胃もたれなどのつらい症状に効果があります。パンシロンAZと同様、ストレスがある時に飲むととても良いです。服用後の効果もかなり早いと感じました。