夜勤はハゲる・薄毛になるというのは本当なのか?うそなのか?

夜勤をやっている男性の悩みの一つ、ハゲる、薄毛になる・・・、男性全員の悩みでもありますよね。夜勤をしている年配の男性を見ると、確かにハゲている人が多いような感じがします。

夜勤は昼夜逆転の生活、不規則な食生活など、何かと不健康になりやすい要素を含んだ働き方です。しかし、夜勤は日勤よりも時給や給与は高め、お金を稼ぎたい方にとってはなくてはならないものと言えます。生活するために夜勤をやっているという人も多いです。

とは言え、「夜勤をするとはげる・薄毛になる」という話はやっぱりきになりますよね。今回はその説が本当なのか、うそなのかを解説します。

夜勤 はげる 薄毛

夜勤ははげる?薄毛になる?

夜勤がハゲる・薄毛になる理由

「夜勤はハゲる!」というのは、残念ながら本当です・・・。とは言っても、夜勤をやっている人全員がハゲているというわけではありませんよね。

このように言えるでしょう。
「夜勤はハゲやすい」「ハゲる可能性が高い」ということです。

100%ということではありません、あくまでもその可能性が高いという事なんです。というのも、いくつかの理由があります。

睡眠時間が不規則

夜勤を行うとどうしても不規則になるのが「睡眠」です。夜中に働いて、外が明るい時間に寝ている、昼夜逆転の生活になります。睡眠にはゴールデンタイムというのが存在するというのは聞いたことがある方も多いかもしれません。

「睡眠のゴールデンタイムは22時から2時」と言われています。というのも、この時間に成長ホルモンとメラトニンが最も多く分泌されることが、現代医学の研究から明らかになっているのです。つまり、この時間に眠らないで活動をすることで、成長ホルモンの分泌を妨げているということになります。

成長ホルモンは頭皮や髪の毛にとって大切なものです。この時間に眠らないで活動することは頭皮にとっても良くないと言えます。

食生活が不安定

夜勤を行うとどうしても不安定になるのが「食事」です。夜勤休憩時に、油っぽいものやカップラーメンをおなかいっぱい食べる方も多いと思います。夜勤終了後の朝、帰宅前にボリュームのある食事をしてから帰宅する方もいると思います。

夜勤をやっていると、どうしてもボリュームがあるもの、油っぽいものを好んで食べがちになり、食生活のバランスが崩れます。食生活が崩れることで、体へのダメージと同時に頭皮のダメージにもなります。

夜勤によるストレスと自律神経の乱れ

夜勤をやっていると、心と体に相当な負担をかけています。自分自身でも気づかないぐらいのストレスにさらされている可能性もあります。ストレスは体を緊張させて、筋肉や細胞の働きを鈍くさせます。そのため血行不良になりやすく健康な髪の毛も抜け落ち、育ちも悪くなります。

ストレスによって、自律神経も乱れてしまうこととなります。自律神経が乱れてしまうと、心と体のバランスも崩れてしまいがちになり、髪の毛や頭皮にダメージを与えることになり、その結果でハゲる、薄毛になる原因となってしまいます。

夜勤者の薄毛・ハゲの対策

夜勤をしていると、基本的に生活リズムを昼型にするというのは、仕事をやめなければ無理な話です。夜勤を行っている方でも、髪の毛も年の割に多く、薄毛やハゲと縁遠い人も中にはいます。夜勤生活を行うと薄毛・ハゲやすいと言われているだけで、それらの対策をきちんと行えばいいのです。生活習慣を少し変えるだけで、抜け毛の量も減り、健康な髪の毛を維持することができます。

睡眠の質を上げる

夜勤終了後に帰宅してからの睡眠はとても大切です。普段からリラックスして眠れる環境づくりを行いましょう。外が明るくてなかなか寝つけないという方は、遮光性の高いカーテンをつけておくのが良いです。近隣の生活音や車の音などが気になる方は、耳栓をして寝るのも良いでしょう。

ふとんやベッドに入る30分前には、スマホやタブレット、PCやテレビを見ることをやめましょう。強い光を寝る前に浴びることで、寝つきにくくなることがあります。

寝る前のカフェイン接種は厳禁!ホットミルクを飲むと気持ちが落ち着いて、ねつきやすくなります。

こちらの記事も参考にしてください

上記で解説した「睡眠のゴールデンタイム」ですが、睡眠の質が高ければ、成長ホルモンが分泌されるという研究結果もあります。睡眠の質をどれだけ高くできるかが、薄毛・ハゲ対策には必須のようです。

食生活に気をつける

夜勤をすると食生活がどうしても乱れがちになります。どうしても油っぽくてボリュームがある食事(コンビニ弁当やジャンクフードなど)になりがちです。できれば野菜や魚を食べて健康的な食生活を心がけるようにしましょう。糖分が多めのお菓子やスイーツにも注意が必要です。食べ過ぎないようにこころがけましょう。

健康を害する習慣を改める

夜勤を行っている方、特に男性の多くは「喫煙」をしている傾向です。特に30代半ば以上の方の夜勤者の喫煙率はかなり多い感じがします。喫煙は健康を害するだけではありません、体力が減って疲れやすい体になったり、免疫力減退で病気にかかりやすくなります。煙を吸い込む習慣が健康に良いとは思えませんよね。

健康な髪を維持するためにも喫煙はなるべく控える、もしくは禁煙をしましょう。禁煙することがストレスに感じるようであれば、1日に吸う本数だけでも減らしましょう。

できれば、過度の飲酒も控えたほうがいいです。「酒は百薬の長」「少量のお酒は健康に良い」と言われてきましたが、飲酒は内臓に大黄な負担を与えます。健康体でいるために、健康な髪をつくっていくには過度の飲酒はやめましょう。