夜勤前の憂鬱 工場勤務だけど仕事に行きたくない時の気分を上げる方法

2019年6月24日

夜勤前に憂鬱・・・
「は~・・・、もう夜勤の仕事行きたくないよ・・・」

って思う時ってありませんか?私は本当によくあります。

「なんで夜勤なんてやってるんだろう・・・」
「やっぱり明るい時間に働きたい・・・」

など、さまざまな憂鬱さを感じる時の対処方法を考えて実行してみました。これから夜勤で憂鬱になっている方、参考にしてください。

夜勤前の憂鬱 解消法

自分が好きな音楽を夜勤前に聴く・踊る

夜勤前にどうしても気持ちが憂鬱な時は、自分の好きな音楽や気持ちを高ぶらせる音楽を聴くのがおすすめです。プロスポーツ選手も試合前に音楽を聴いて気持ちを高ぶらせて試合にのぞんでいる人も多いですよね。好きな音楽、テンションがあがる音楽を聴くことで、自分のモチベーションがあがるはずです。

車で仕事場に行く方は、カーステレオで自分の好きな音楽を聴きながら出勤するのがベター。電車に乗る方はスマホに音楽をいれておくのがいいでしょう。日頃から自分の好きな音楽や気持ちを上げる曲のプレイリストをスマホに入れておけば、イヤホンさえあればいつでも聴いて楽しむことができます。

出勤前に家で音楽に合わせてひと踊りするのも良いかも(笑)気持ちと体はつながっているので、楽しく踊ることでモチベーションアップにつながります。

楽しかったことを思い出す

プライベートで自分がとても楽しめたことを思い出すのはおすすめです。

「先週、彼氏と〇〇〇〇でデート、楽しかったな~」
「あのお店の〇〇〇、本当においしかったな~」

など、自分自身が心のそこから楽しめたことを、夜勤前に思い出すと、憂鬱な気持ちがうすらぎます。

楽しかったことや気持ちが高ぶったことをスマホのメモに残してためておき、憂鬱になった時にそれを読み返すと、その時の気持ちを思い出すことが容易にできます。

甘いものを食べる

甘いもの、お菓子やスイーツ、ケーキ等をコンビニやスーパーで購入しておいて家の冷蔵庫に入れておきましょう。気分が憂鬱になった時に甘いものを食べることで、気持ちもお腹も満足して満たされることでしょう。できれば、少しお高めのスイーツやショートケーキがおすすめ。少しリッチなものを夜勤前に食べるだけでうれしくなれます。

仕事を終えた後の楽しみを考えておく

夜勤に行く前の憂鬱さ、仕事が始まってしまうと仕事に集中するので忘れてしまうことが多いと思います。

とは言え、仕事中も・・・
「早く帰りたい、、、憂鬱」と考えてしまう事ってありますよね。

こんな時は「仕事を終えた後に〇〇を〇〇して楽しもう!」と計画を立てておくことがおすすめ。

例えば・・・
「夜勤後は、帰って家でお酒を楽しもう」
「好きな本を読もう、新しい映画を楽しもう」
「嫌なことは寝て忘れよう」
「朝ごはんを今日は豪華にしよう」

など、自分が未来に楽しめること、ワクワクすること、ウキウキできることを計画しておくことで、夜勤前の憂鬱さを吹き飛ばせるでしょう。

夜勤前に憂鬱にならないルーティンワークを考える

以前にアップした記事に「夜勤前に寝れない!お昼に眠れる7つのポイント」というものがありました。

読んでいない方はこちらから

その中に、眠れない時に「眠るためのルーティンを準備しておく」という項目があります。

夜勤前に憂鬱にならないようにするためには、気持ちを高める作業というものが大切です。上記のルーティンワークを参考に「気持ちを上げるルーティンワーク」を日頃から実施することが大切です。

仕事前に気持ちが高まることをルーティンにすることで、夜勤前の憂鬱な気分もなくなる、もしくは少なくなるでしょう。日頃から何をした時に自分の気持ちが楽しくなったり、ワクワクしたり、ウキウキしたり等、高まるかを考えてメモしてまとめておくことをおすすめします。