本気で英会話!ペラペラ英語 アプリの使い方 – TOEICやTOEFL、受験対策にも使えます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 2

本気で英会話!ペラペラ英語アプリ使い方とレビューです。教育カテゴリでは1位を獲得、iOSやAndroidでも常に上位にランキングされているこのアプリ。購入を考えている方に、どのようなものなのかを解説していきます。

本気で英会話 ペラペラ英語

本気で英会話!ペラペラ英語 英単語・リスニング・TOEICの学習にも! – appArray Inc.

本気で英会話!ペラペラ英語の使い方

本気で英会話!ペラペラ英語」アプリは、英語力向上を目的とした英語を学ぶためのアプリです。英語力に自信がない、英語を学び始めたばかりの人から、TOEICの学習、スピーキングの学習を行いたい方にはすすめたいアプリの1つといってもいいぐらいの仕上がりになっています。「本気で英会話!ペラペラ英語」には大きく分けて3つのモードがあります。会話モード、リスニングモード、名言モードです。各モードの使い方を説明していきますね。

会話モードで実際の会話をしてみる

会話モードでは、AIとのチャット形式で英会話を実践することができます。最初の「初対面の人との出会い(初級)」で英会話を行ってみます。

本気で英会話!ペラペラ英語

会話の人物を選択できます。ジョニーを選択してみます。

本気で英会話!ペラペラ英語

英会話スタート!マイク入力をオンにすると、音声認識でスピーキングの判定をしてくれます。会話は下記の2つから選択が可能。文章を見ながら話せます。

本気で英会話!ペラペラ英語

本気で英会話!ペラペラ英語

うまくスピーキングができると、Fantastic!!!!が。選択肢とスピーキング判定がゆるめに設定してあるようなので、最初はうまくスピーキングできなくても安心ですね。

本気で英会話!ペラペラ英語

リスニングモードは、あの名作を学びます

リスニングモードでは名作「ローマの休日」のセリフ、オバマ大統領のスピーチをリスニング。設定変更も可能で、和訳表示、画面スクロール、リピートの設定ができます。

本気で英会話!ペラペラ英語

名言モードは、リスニングはもちろん人生に役立つ?かも

名言モードでは74人の偉人による156の名言の英語音声が収録されています。偉人は昔の有名な人はもちろん、現代の著名人が発した言葉も収録されています。リスニングの勉強になるのはもちろん、人生にも役に立ちそうな言葉がたくさんあるのが良いです。

本気で英会話!ペラペラ英語

本気で英会話!ペラペラ英語

トップ画面のアインシュタインさんの左にはメールのマークがあります。タップすると届いた手紙を見ることができます。手紙ももちろん、リスニングの役に立ちます。

本気で英会話!ペラペラ英語

本気で英会話!ペラペラ英語

手紙には写真もそえられています。世界1周の情景がうかんできますね。

本気で英会話!ペラペラ英語

SNSとの連動も。勉強SNS Studyplusで「本気で英会話!ペラペラ英語」との連動が可能。自動で学習時間がStudypluに記録できます。

本気で英会話!ペラペラ英語

スピーキングスキルのアップを目指したい方にはおすすめ

本気で英会話!ペラペラ英語」アプリを実際に使ってみてのレビューです。このアプリで一番良いのが、やはり会話モード。自分のスピーキング力がどれぐらいのものなのかを音声認識で確認することができるのが良いです。英語に自信がない方でも、和訳表示をみながらのスピーキングができるので、安心してこのモードを楽しむことができます。場面選択の選択肢をもう少し増やしてほしかったのが、少し残念ではありますが。5場面のトロフィを獲得すると、ボーナスコンテンツをアンロックできますよ。

本気で英会話!ペラペラ英語

「本気で英会話!ペラペラ英語」アプリ、リスニングモードでは活きた英語に触れられます。オバマ大統領のスピーチは英会話の練習にはもってこいですね。スピーキングスピードに慣れるにはこのモードを聴きまくる必要がありそうです。名言モードは短いセンテンスを学ぶにはとても良いです。スピーキングスピードも変えられるので、慣れたら倍速できいてみるのが良さそうです。

1コイン100円で英語を学べてしまう、なんともコスパ高めのアプリ!移動中はもちろん、スキマ時間でさくっと英語を学べてしまう手軽さがとても良いです。英語を聞き取れるようになりたい人、ネイティブに近い発音を手に入れたい人にはおすすめのアプリです。

本気で英会話!ペラペラ英語 英単語・リスニング・TOEICの学習にも! – appArray Inc.

価格:¥100
サイズ:96.4MB
対応:iOS6.0以降 iPhone iPod touch

  • このエントリーをはてなブックマークに追加