iOS 10 いつアップデート?&対応機種 内容をまとめてみました

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 2

AppleはiOSの最新バージョン「iOS 10」を発表しました。新機能はもちろん、メッセージアプリにとくに力を入れていた感じに仕上がったバージョンになっています。今回はiOS10を詳しく解説、いつアップデートがリリースされるのか、iOS10の対応機種の内容になっています。

iOS10

iOS最大のリリースとなるiOS10。今回のアップデートでは10の機能が追加(変更)されました。1つ目はUIの変更。ロック画面のデザインを刷新、通知機能、アプリの機能性向上、3Dタッチの拡張です。

ios10

なんと!iPhoneを手にもっただけで、画面が表示されます。

iOS10

3Dタッチでロック画面からメッセージ等の内容の確認が行えるようになります。

ios10

3Dタッチで通知センターに表示されている通知も削除可能に

ios10

メール確認も3Dタッチで行えます。

ios1006

ちょうどNBAファイナルが現地では行われていました。ESPNアプリを使い、画面を右へスワイプ。検索画面も刷新され、ハイライトフィルムも見ることができます。

ios10

2つ目はSiriの変更。

ios1008

Siriにはさまざまな質問がされています。1週間で20億回!

ios1009

Siriはデベロッパーに向けて公開されます。

ios10

サードパーティアプリでもSiriが使えるようになります。WeChatでSiriを使っています。

ios10

配車アプリ(Uber)や写真アプリ(ピンタレスト等)、ワークアウトアプリ(ランタスティックやランキーパー)でもSiriが使えるようになります。

ios1012

モバイル決済でもSiriが。

ios1013

CarPlayではSiriが使えるサードパーティアプリも。

ios1014

3つ目はQuickTypeです。

ios1015

QuickTypeは状況に応じた変換予測可能なキーボード。

ios1016

現在地の地図も表示できるようになります。

ios1017

スケジューリングの入力もより簡単になります。

ios1018

ios1019

4つ目はPhotos

ios1020

顔認識機能が写真アプリに追加。写真にうつる人のプライバシーが守られます。

ios1021

写真にうつる景色や物を認識します。

ios1022

そしてMemories。場所や日付、人や話題などの素晴らしい瞬間を自動的にアルバムにしてくれます。

ios1023

ios1024

スライドショーも行えます。まるでCMのようですね。BGMも変更できるのがいいですね。Memoriesはmacやtvでも見ることができます。

ios1025

5つ目は地図アプリ。

ios1026

デザインも一新。レストラン等の詳細な検索が可能に。

ios1027

ナビゲーションシステムはズームインやズームアウトが可能に。ダイナミックビュー機能も搭載。

ios1028

ルート沿いのお店の情報も表示されます。マップはサードパーティアプリにも開放。

ios1029

Uberなどの配車アプリでも使えます。

ios1030

6つ目は「Apple Music」。会員は1500万にに達し、デザインを刷新。

ios1031

ライブラリも刷新。メニュー表示が追加。曲が探しやすくなります。

ios1032

歌詞も表示されるようになります。

ios1033

おすすめ曲を表示するFor Youや曜日ごとのおすすめの曲のプレイリストも作成可能に。新しいApple MusicはMacやiPad、iPhone、AppleTVで利用できます。

7つ目はNews。6000万人が購読しています。

ios1034

トップストーリー、トレンド、スポーツ等、ユーザーの履歴から表示されるようになります。緊急ニュースもロック画面に通知されるようになります。

8つ目は「HomeKit」。

ios1035

HomeKitはiPhoneで家のセキュリティや家電操作などを簡単に安全に使えるアプリです。

ios1036

iOS10には「Home」アプリが搭載されます。

ios1037

Homeアプリを使ってリビングの電気をつけたり、窓のシェードの開け閉め、ドアのロック等ができます。SiriでもHomeを操作できます。

ios1038

9つ目は「Phone」。

ios1039

ボイスメール(留守番電話)が自動的に文字になり、内容を目で確認できるようになります。登録されていない番号から電話があった場合は、スパムかどうかを即座に判断します。

ios1040

通話アプリの新機能に、ロックスクリーンの通知をカスタマイズできるようになるAPIを公開します。

ios1041

最後は「iMessage」。iMessageは最も使われているアプリだそうです。

ios1042

URLを送るとそのサイトの画像が表示されたり、YouTubeの動画再生もiMessage内で行うことができるようになります。

ios1043

フロントカメラに映る映像をライブ表示できたり、絵文字が3倍大きくなり、予測変換に絵文字が表示されるようになります。

ios1044

吹き出しに効果をつけたり、指でなぞらないとみることができない文字や画像も送れます。そして、手書き機能の追加。

ios1045

App Store for iMessageでは、スタンプ機能が追加。

ios1046

新しいiMessageはiPad、iPhone、Mac、Apple Watchで利用できます。これら10個の機能がiOS10で追加されます。リリースは今秋予定です。

ios1047

iOS10はいつリリース?

iOS10の公開は開発者向けは6月14日からスタートしています。一般ユーザー向けは2016年秋ごろの予定です。

iOS10 対応機種は?

iOSの対応機種は以下となります。4sが今回のアップデートから外れています。

  • iPhone 5
  • iPhone 5c iPhone 5s
  • iPhone 6と6 Plus
  • iPhone 6sと6s Plus
  • iPPod touch(第6世代以降)
  • iPad Pro 12.9インチ&9.7インチ
  • iPad(第4世代)
  • iPad Air
  • iPad Air 2
  • iPad mini 2&3&4

iOS非対応機種は

  • iPhone 4s
  • iPad(第3世代)
  • iPad mini
  • iPod touch(第6世代)

iOS10で特に注目したいのが、iMessageの機能追加。わたしたちが普段使っているLINEのスタンプ、リンク画像、動画再生の機能が追加されることはとてもうれしいですよね。
今秋のリリースがとても楽しみですよね!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加