Adバスター アプリの使い方 – iPhoneのSafariで広告を消す(ブロックする)スグレモノアプリ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 2

Adバスター アプリの使い方。iPhone Safari上で広告を消すアプリいいですね。

Adバスター 広告ブロック機能アプリの使い方

iOS9がリリースされ、新たな機能「コンテンツブロック」が追加されました。このコンテンツ(広告)ブロック機能、どうのように使用すればいいの?と感じている方も多いと思います。今回は現在人気のアプリ「Adバスター Safari上の広告をブロックする 」アプリを使って、解説していきます。

広告ブロックアプリ

Safari上の広告をブロックする -Adバスター- – hideyukitone

広告ブロックアプリとは、iPhone上で表示される広告を消すことができるアプリのことです。スマホ広告がうっとうしいと感じる方、このアドバスターをDLして使ってみると効果がわかりますよ。

Adバスターの設定方法

 Adバスターの設定はとても簡単です。

アドブロック 広告ブロックアプリ

まずはこのアプリを購入します(笑) 購入すれば使えるようになります。

Safari上の広告をブロックする -Adバスター- – hideyukitone

設定を開いて、Safariを選択。

アドブロック 広告ブロックアプリ

コンテンツブロッカーという項目があるのでタップします。

アドブロック 広告ブロックアプリ

Adバスターをスワイプして有効にするだけです。とても簡単ですよね。

アドブロック 広告ブロックアプリ

Adバスター有効後、サイトを閲覧してみました。

Adバスターの効果を早速見てみましょう。まずは、まとめサイトから。アドブロックなしの状態はこちら。下には広告が表示されていますね。

アドブロック 広告ブロックアプリ

アドブロック有効後はこんな感じです。

アドブロック 広告ブロックアプリ

下に表示されていた広告が消えていることが確認できます。

某有名アプリ紹介サイトでもAdバスターを使ってみましたが、やはり広告は消えていました。

Adバスターを使用してみて

iPhone上の広告を消すアプリ「Adバスター」アプリを実際に使用してみて、設定も簡単でとても使いやすいと感じました。。広告を非表示にするメリットは、サイトの見やすさはもちろん、通信速度のアップにもつながります。(広告分の通信料がなくなるために)とても良いアプリなので使ってみてください。

Safari上の広告をブロックする -Adバスター- – hideyukitone

価格:120円
サイズ:3.7MB
対応:iOS9.0以降 iPhone6s,6s Plus,6,6 Plus,5s,iPad Air,iPad mini

  • このエントリーをはてなブックマークに追加